ナビゲーションのスキップ

RMP60 (第一世代)

RMP60 (第一世代) は現在生産終了しています。後継機種は RMP60 です。

工作機械コントローラと無線通信を行う、マシニングセンターにおけるワーク芯出しおよび寸法計測用のタッチプローブです。

RMP60 (第一世代) について

RMP60 はラジオ信号伝達方式プローブのひとつです。大型のマシニングセンターやプローブと受信機間の直線見通しが確保できない場合に最適です。

一体型プローブモジュールで、優れた堅牢性と広いオーバートラベル量が特長です。

FCC 規格に準拠し、2.4GHz 周波数帯を使用します。また、FHSS (周波数ホッピングスペクトラム拡散) 方式を使用しているため、通信の干渉がありません。そのため、同じ加工現場内であっても混信のリスクなしに、複数のシステムを同時に動作させられます。

RMP60 と工作機械コントローラ間の通信には、インターフェースと受信機が一体となった RMI を使用します。

プローブの電源は、M コード制御によるラジオ信号やスピン、シャンクスイッチで ON します。

クイックスタートガイド