ナビゲーションのスキップ

REVO® システム用 RFP フリンジプローブ

REVO RFP を導入することで、三次元測定機で、構造化光測定ができるようになります。

5 軸三次元測定機で構造化光測定

RFP は、REVO システムのマルチセンサー機能を拡張するプローブです。5 軸動作と無段階位置決めのメリットを引き出すために設計された、交換可能タイプ製品(現状 5 種類)に、非接触式構造化光測定が加わります。

RFP プローブは、自由曲面や複雑形状の測定のために設計されており、高密度な面データのパッチを高速で取得できます。

自動車パーツを測定する、REVO RFP フリンジプローブ

RFP の特長とメリット

  • 他の非接触式構造化光システムとは違い、異なるエリアから取得したデータをまとめるためのリファレンスマーカーが、RFP には不要です。このプロセスは、REVO システムが自動で行います。
  • 自動露出補正により、材質、表面の色、質感ごとに、マットコーティングしていなくても、最適なデータを確保します。
  • 使いやすい 2 種類のソフトウェアで、測定のプランニングやデジタル化が可能です。
    • RFP インスペクションプランナ:パスプランニングや CAD からの DMIS パートプログラム生成のためのソフトウェアです。
    • RFP デジタイザ:パーツのリバースエンジニアリングにより、CAD モデルなしで、パーツからデータを収集するソフトウェアです。
航空機分野での、REVO 用 RFP フリンジプローブ

RFP フリンジプローブ

RFP は、高密度データを高速で取得し、表面形状を高精度に測定します。

パーツ表面に縞状のパターンを投影し、そのパターンの変化を内蔵カメラが撮影して、高密度な 3D 面データを構築します。構築したデータは、3D 測定用ソフトウェアによって評価され、測定結果が算出されます。

RFP プローブに REVO 5 測定技術が搭載されています。三次元測定機で、無段階位置決めの高精度測定を実施します。全 REVO プローブからのデータが、共通の基準を自動的に参照し、他のすべての REVO-2 からのデータと合成することで、三次元測定機 1 台でのパーツ測定機能を最大限に高めています。

RFP1 REVO フリンジプローブ

REVO 用 RFP フリンジプローブのデモ動画

延長保証

万が一の事態に備えて、購入から 3 ヶ月以内の新しい三次元測定機用製品には、3 年間への延長保証をご利用いただけます。詳細については、購入元までお問い合わせください。

製品情報