ナビゲーションのスキップ

REVO 高速キャリブレーション

従来の三次元測定機のキャリブレーションには、大幅な時間がかかり、この時間を実際の計測に使用できたらという声が聞かれました。

キャリブレーションは、品質手順に準拠するために定期的に繰り返します。REVO を導入したことで節約できた時間を、三次元測定機のパーツ測定に活用できます。

基準球を使用した REVO のキャリブレーション

従来の三次元測定機のキャリブレーションには、大幅な時間がかかり、この時間を実際の計測に使用できたらという声が聞かれました。REVO のために開発された独自のキャリブレーション技術では、実際のヘッドとプローブの形状を特定します。単一操作であらゆる位置の計測が可能になるため、キャリブレーション時間が大幅に低減されます。

三次元測定機で、40 箇所のヘッド位置を使って複数のパーツを測定する場合には、キャリブレーションに平均 2 時間かかります。一方、REVO では 20 分で一定です。

品質手順に準拠するためにこのキャリブレーションプロセスを定期的に繰り返す場合、累計すると、大幅な時間を削減できることになり、パーツ測定により多くの時間を割けるようになります。