ナビゲーションのスキップ

REVO-2 RVP ビジョンプローブ

高度な非接触式 5 軸測定で検査処理量拡大

非接触式測定

RVP プローブと VM10 モジュール

従来の接触式検査よりも非接触式検査のほうが威力を発揮するケースがあります。例えば、0.5mm 程度の小さな穴が多数開けられた薄い板金パーツやコンポーネントには、接触式測定は適していません。

REVO-2 RVP プローブを導入することで、REVO システムで、既存のタッチトリガー測定、高速スキャニング測定および表面粗さ測定に加えて、非接触式検査を行えるようになります。REVO-2 ヘッドの 5 軸動作と無段階位置決めにより、三次元測定機の機能と検査処理量が大幅に向上します。

RVP: REVO-2 用非接触式ビジョンプローブ

VM10 および VM11 RVP モジュール

RVP は、1.3 メガピクセルのグローバルシャッタ CMOS センサーとデジタル信号プロセッサを内蔵したプローブです。プローブ内の CMOS センサーは、露光時間が短くても多量の光を捉えられるため、短時間でイメージを取得でき、高速測定を実現します。


RVP には、検査目的別に、2 種類のモジュールを用意しています。測定する形状に応じて選択できます。

RVP デモ動画

製品情報

延長保証

万が一の事態に備えて、購入から 3 か月以内の新しい三次元測定機用製品には、3 年間への延長保証をご利用いただけます。詳細は購入元にお問い合わせください。