ナビゲーションのスキップ

QC20-W ボールバーのアクセサリ

立形旋盤や半径 50mm のテストなど、旋盤テスト用のボールバーの機能性を拡張するアクセサリ

360°旋盤用アタッチメント

QC20-W ボールバーを、旋盤でも使用できるようになります。旋盤の特定誤差要因を素早く簡単に診断できます。

旋盤用アタッチメントの構成品:

  • 旋盤アダプタアームアセンブリ×1
  • 主軸バーアセンブリ×1
  • 球形アダプタ (マグネットセンターカップ装備)×1
  • カップスクリュー (マグネットセンターカップ装備)×1
  • プラスチックケース×1

機械条件

X 軸のクリアランス:

センターラインから 220mm 以上

Y 軸のクリアランス:

チャックから 330mm 以上

主軸直径:

ø25mm (その他の直径ではマグネットベースを追加する必要があります)

ツールヘッダ:

20mm~25mm の工具シャンクを使用可

CNC 制御:

ZX 平面の円弧補間

注: 軸の移動量が小さい旋盤では、スモールサークルキットを使用することで半径 50mm のテストを実施できます。ただし、この構成の場合は、テストを実行する前にボールバーのクリアランスを確保してください。

VTL アダプタ

VTL アダプターキット

立形旋盤、レーザー加工機、およびピックアンドプレース機を診断できます。VTL アダプタを使って ZX 平面でテストを実行すると、マグネットセンターカップをセンタリング後に中心位置を失なわずに後退させることができるため、機械をテスト開始位置に移動できます。

VTL アダプタの構成品:

  • センターカップ×1
  • VTL アダプタ×1
  • 手順書×1

スモールサークルキット

QC20-W ボールバーで半径 50mm のテストを実施できます (標準の最低テスト半径は 100mm)。ほとんどの種類の機械上で、サーボ制御システムの拡張解析を実行できます。

スモールサークルキットの構成品:

  • QC20-W スモールサークルアダプタ×1
  • ボールバーキャリブレータ (50mm)×1
  • 校正証明書×1

ボールバースピンドルセンタリングデバイス

ボールバー主軸センタリングデバイス

ボールバースピンドルセンタリングデバイスを使うことで、ツールカップを主軸の中心線に配置しやすくなります。ISO 10791-6 のセットアップ要件を、簡単に満たすために開発しました。

ISO 10791-6 規格テストの詳細

製品情報