ナビゲーションのスキップ

ポリマー

ポリマーの性能を最適化する上で、その特性の理解が不可欠になります。レニショーのラマンシステムを使用する事で、あらゆる種類のポリマーを調べる能力とフレキシビリティが得られます。

すべてのポリマーの分析

ポリマーには、数千種類のものが存在し、その中の多くが非常に広い分野で活用されています。SynchroScan スペクトル取得とデータベース検索機能を使用することで、より高確率でポリマーを同定できるようになります。SynchroScan では、全領域のラマンバンドを高スペクトル分解能で取得できます。これにより、レニショーポリマーデータベースから簡単かつ信頼性の高い検索することができます。

ラマン分光により、以下のことが可能になります。

  • 機械的に切断する必要なく、ラミネートフィルムの特性を確認
  • ポリマーブレンドの研究
  • 繊維内の応力の分析
  • 結晶化度の判定
  • 太陽電池のカプセル化材料の研究
  • 導電性ポリマーなどの新しいポリマーの調査

層の厚さの正確な測定

ラマン散乱を使用すると、透明なポリマーラミネートの組成と厚さを測定できます。これらを正確に分析するには、適切な深さ分解能、および三次元全方向について正確なサンプルの位置決め機能を備えたシステムが必要になります。Easy Confocal テクノロジー搭載の inVia コンフォーカルラマンマイクロスコープと HSES サンプルステージは、このような分析に理想的です。

LiveTrack™ による物理的変化の研究

LiveTrack フォーカストラッキングテクノロジーは、サンプルが膨張、収縮、変化しても常に最適なフォーカスを維持します。そのため、サンプルの物理的変化を動的に調べることができます。

  • Polymer phase change Polymer phase change [en]

再現性の高いスペクトル

一部のポリマーパラメーター(結晶化度など)が変化すると、ラマンスペクトルに比較的わずかな変化が見られます。高いスペクトル分解能、精度、安定性を備えるレニショーの inVia コンフォーカルラマンマイクロスコープを使用すると、このような変化を確認することができます。

詳細情報のダウンロード

詳細について

レニショーでは、お客様のニーズに合わせてサポートをお届けします。

本分野の詳細または他分野については、アプリケーションチームにお問い合わせください。