ナビゲーションのスキップ

太陽光発電

ラマン分光は、従来および次世代の太陽光発電技術の開発をリードする技術として活用されています。研究開発だけでなく、製造品質の判定にも使用されるようになっています。

デバイスに関する理解を深める

レニショーのラマンシステムを使用することで、主要な現行および新開発の PV 材 (シリコンベース、CIGS、CdTe、有機材、III-V など) を調べて特性を把握できます。下記の主要な材料特性を判断できます。

  • 合金の比率
  • 電子効率
  • 歪み/応力
  • 薄膜の膜厚
  • 結晶構造のタイプと配向
  • 結晶品質 
  • サンプルの均一性と純度 (欠陥と異物など)

あらゆるサイズのデバイスに対応

完成品を分析して、品質と性能に関する製造プロセスへの効果を判断します。当社では、さまざまなサイズのデバイスに対応する、豊富なオプションを用意しています。特殊なサイズには、フリースペース顕微鏡とカスタムシステムが最適です。完璧なモジュール分析を行えます。

全体像を把握

ラマンイメージは、デバイス間で材料特性がどのように変化するかを解明できる、太陽光発電の開発において不可欠なツールです。

StreamLine™ および Slalom 技術なら、あらゆる用途に合わせて柔軟に分析を行うことができ、高分解能でも低分解能でも、小さな領域と大きな領域のどちらも分析できます。一部だけでなく、デバイス全体に関する理解を深められます。


レーザーを瞬時に切替え

材料の分析では、適切なレーザー波長を選択することが重要です。間違ったレーザー波長を選択すると、サンプルのデータ取得箇所が深すぎたり浅すぎたりすることになります。inVia コンフォーカルラマンマイクロスコープでは、最適なレーザーを簡単に選択できます。マルチレーザーを装備して、わずか数秒でレーザーを自動で切り替えられます。

オンラインシステム

レニショーでは、オンラインによる品質管理のための各種カスタムラマンシステムを用意しています。

太陽光発電製品の品質管理に、当社がどのようにお手伝いできるかについては、お問い合わせください。

太陽光発電分析を一変

太陽光発電パネルのラマン/光電流分析に関する詳細な実証結果を記した以下の資料を一部読むだけでも、ラマン分析がもたらす情報の豊かさがわかるでしょう。そしてその情報は、太陽電池の性能に関するあなたの理解を一変させるでしょう。

詳細について

ニーズに合わせたサポート

本分野の詳細または他分野については、アプリケーションチームにお問い合わせください。