ナビゲーションのスキップ

粒子解析: イメージから絞り込んだ解析対象の自動同定

粒子解析ソフトウェアモジュールは、顕微鏡イメージ上の粒子を同定します。具体的には、形態パラメータ (サイズやアスペクト比など) をレポートし、inVia™ ラマン顕微鏡を誘導して、粒子を化学的に同定します。

解析対象粒子の確定

サンプルのラマンイメージングにより、多数の粒子を可視化できますが、処理に時間がかかる場合があります。粒子解析モジュールは、イメージ内の個々の粒子の造影、サイズ分類、および分離を行い、解析用の選択元リストを生成します。あとは、詳細な化学分析の対象とする粒子を選択するだけなので、時間を節約できます。このリストは、ソートとフィルタリングができるため、粒子数が多くても管理は容易です。

  • 形態による粒子のソートとフィルタリング
  • 個々の粒子情報への迅速アクセス
  • 詳細なカラーサムネイルによる見やすい粒子表示

さまざまな用途に対応した専用ソフトウェア

粒子解析モジュールは、様々な用途に応用することができます。その具体例として挙げられるのが、マイクロプラスチックなど、ろ過された環境中の粒子、堆積した医薬品スプレーや吸入器、科学捜査に用いられる微量物質、グラフェンなどの 2 次元物質の解析や、細胞診などの生物学的用途です。

使いやすいシンプルなワークフロー

イメージの生成から結果のレポートまで、6 つのステップが自動ワークフローによって確実に行われます。

ニーズに合わせたサポート

レニショーのスペシャリストは、幅広いラマンアプリケーション分野にわたって豊富な経験を備えています。

本分野の詳細または他分野については、アプリケーションチームにお問い合わせください。

アプリケーションチームにお問い合わせください

詳細情報のダウンロード