ナビゲーションのスキップ

オンマシンユーザーインターフェースでモールドベースの生産性を大幅アップ

2018 年 8 月 23 日

プラスチック射出成形に用いられるモールドベースの市場が変化しています。プラスチックパーツメーカーによる、サイズ、形状、表面仕上げがさまざまな、多種多様な短寿命製品の生産が増加しています。これらの生産にはそれ専用のモールドベースが不可欠です。

精密なモールドベースのトップメーカーである GM Enterprise 社。同社は急速に拡大する顧客の需要に応えるために、生産能力を増強する必要がありました。さらに、生産量を拡大してリードタイムを短縮すると同時に、ヒューマンエラーの可能性を排除する必要もありました。

目標を達成するために、また新たな市場機会をつかむために、同社は CNC 工作機械の新規導入に際し、レニショー製のオンマシングラフィカルユーザーインターフェースと無線信号伝達方式の工具計測プローブを指名しました。

ダウンロード

レニショーおよびレニショー製品についてのその他のイメージ、ビデオ、企業沿革などについては、メディアハブをご覧ください。