ナビゲーションのスキップ

ゲージングソフトウェア MODUS™

MODUS は Equator 用の高機能な測定用パッケージソフトウェアで、CAD ベースのプログラミングに対応しており、複雑なプロファイルの測定を実現できます。

MODUS について

MODUS は Organiser からコマンドを受信して DMIS スクリプトを実行し、その後そのコマンドを標準 I++ コマンドに変換して UCCserver の Equator に送信します。MODUS は、測定ルーチンをグラフィック表示する直感的なユーザーインターフェースと、幅広い三次元座標測定の機能を備えています。ウィザード機能により、一般的な測定を簡易に短時間でプログラミングすることができます。

MODUS™ を活用することで、単純な形状や複雑な形状、プリズマティック形状、自由形状などあらゆるパーツの形状に対しての測定ルーチンを短時間で作成できます。

MODUS は、SP25 プローブを使用している Equator でのスキャニング測定とタッチ測定の両方のプログラミングに対応しています。スキャニング測定では大量のデータを取得して形状を定義できるため、高精度なフォーム解析が可能です。

主な特長

  • MODUS - 画面 ノギス rsp3 Equator コントローラなど、I++ DME 準拠のメトロロジコントローラに対応
  • Equator の比較方法と完全互換
  • IGES、STEP、Parasolid®、VDA-FS の中間ファイル形式に対応した、CAD ベースのオフラインプログラミング。作成したプログラムを本体に入るだけで、検証はほぼ不要で測定の準備が整います。
  • CATIA®(v5 と v4)、Siemens® NX™(旧 Unigraphics®)、Pro/E®、Solidworks® の CAD/CAM ソリューションとの高度な統合
  • フルモーションシミュレーションと衝突検知
  • DMIS のネイティブサポート
  • 認証済み演算アルゴリズム
  • テキストとグラフィックによる高性能なレポート機能
  • 認証済み Q-DAS を含む結果データの出力

標準化により互換性を向上

DMIS、I++ DME、DML、Microsoft® SQL Server などの業界標準を基盤に開発された MODUS は既存のプログラムやレポートと高い互換性を備えています。広範なレポート機能としては、テキストベースのレポートとグラフィックレポートだけでなく、総合的な SPC 分析用の認定 Q-DAS 形式などさまざまな形式に結果データをエクスポートする機能があります。

MODUS は、ユーザーが形式を定義できる伝統的なテキスト形式をはじめとして広範なレポート機能を備えています。グラフィックレポートを使用すると、多くの形状のウィスカチャートや 3D 形状プロットなど、CAD モデルで結果を表示できます。