ナビゲーションのスキップ

ライフサイエンス

ラマン分光は、様々な材料とシステムの分析において広く実用化されています。

このラベルフリー分析技術を使用することで、次のような各種サンプルの化学的、構造的情報を解明することができます。

  • バイオプロセス
  • プロテイン/ペプチドの構造分析
  • 細菌学
  • in vitro および in vivo のドラッグデリバリー
  • がん研究/病理学
  • レドックス生物学
  • 再生医療
  • 老化および神経変性疾患、バイオ燃料、農業研究
  • リピドミクス
  • メタボロミクス
  • 発生生物学
  • 生殖生物学
  • ウイルス学

レニショーは、受賞実績のある inVia コンフォーカルラマンマイクロスコープ、ラマン/走査型プローブ顕微鏡複合システム、SEM/ラマン複合システムなどの革新技術により、このような応用範囲の拡大において先駆的な役割を果たしてきました。

レニショーが貴社のライフサイエンスのアプリケーションにどうお役に立てるのか、以下のリンクをクリックしてご確認ください。

ウェビナー – レドックス生物学のための共鳴ラマン分光法

共鳴ラマン(RR)分光法は、レドックス生物学研究に理想的なツールです。これは ヘムタンパク質に極めて敏感に反応するだけでなく、in situ 測定(溶液、細胞器官、細胞、組織)で酸化と酸素化を解明することができます。RR イメージングにより化学情報と空間的な情報の両方が得られるため、ヘムタンパク質分布、酸化状態、タンパク質/細胞機能の間の相関性を確認することができます。

その他アプリケーション

レニショーのアプリケーションスペシャリストは幅広いアプリケーション分野にわたって豊富な経験を備えています。ご興味のある分野に関する詳細については、弊社までお問い合わせください。

詳細情報のダウンロード