ナビゲーションのスキップ

寸法計測プローブ技術

レニショー寸法計測プローブには、キネマティックプローブとストレインゲージプローブがあります。ストレインゲージプローブは、特許取得済みの RENGAGE™ 技術を搭載しています。

寸法計測プローブ技術

キネマティックプローブ

キネマティックプローブは、ロッドと球にバネを組み合わせた 3 点支持機構でスタイラスホルダを定位置に保持し、優れた繰り返し精度を実現します。

電源が ON と電気回路に抵抗が発生します。スタイラスへの圧力が上昇するとこの抵抗値も同様に上昇していき、トリガー出力の閾値に達すると、トリガー信号が生成されます。

性能

  • 繰り返し精度 1.0µm (2σ値) (基本的なキネマティック抵抗電気スイッチで達成)
  • 製品サイズやワイヤレス通信を各種用意
  • 業界標準の、堅牢な「オールラウンド」製品

RENGAGE™ ストレインゲージプローブ

ストレインゲージプローブも、キネマティックプローブの内部機構を保持しつつ、ストレインゲージを用いて、スタイラスへの接触圧を計測し、トリガー信号を生成しています。

性能

  • 繰り返し精度 0.25µm (2σ値) (同クラス製品では最高の精度)
  • 2D および 3D の方向特性 1µm 以下
  • ソリッドステートセンサーの搭載で構造が堅牢化かつ長寿命化
  • 誤信号のアクティブフィルタ機能
  • 多軸角度移動の高速化
  • 長いスタイラスの使用に最適

プローブ技術の詳細については、参考資料 または(TE411) Innovations in touch trigger probe sensor technology を参照してください。