ナビゲーションのスキップ

HS20 長距離レーザーエンコーダ

HS20 レーザーエンコーダシステムは、工作機械での使用に求められる堅牢性と、レーザー干渉計の超高精度を兼ね備えています。

HS20 レーザーヘッドは、長軸かつ高精度位置決めフィードバック用のコンポーネントです。外付けの位置決めオプチカルキットとともに使用して、干渉計を使用した非接触式エンコーダシステムの中核を成します。

HS20 長距離レーザーエンコーダの概要

HS20 レーザーシステムは、過酷な現場環境での使用に最適で、最長 60m で±1.0ppm (µm/m) を達成可能です。

特長とメリット

  • サブミクロン単位の分解能: 機械フィードバックシステムに組み込むことで、最高 2m/s の速度でサブミクロン単位のフィードバックを返します (構成に依存)。
  • 非接触式測定: ヒステリシス、バックラッシュ、機械誤差、周期偏差など、ボールねじやラック&ピニオンのフィードバックシステムで見られる偏差がありません。
  • 簡単な構成設定とセットアップ: ディップスイッチのみで簡単に設定可能です。

さまざま環境条件で精度を維持するには、周囲環境の変化による空気の屈折率の変動を補正する RCU10 環境補正システムを、HS20 と組合わせて使用する必要があります。RCU10 を使用することによって、レーザー波長基準の分解能を、区切りのいい分解能に変換することもできます。例えば、633nm を 1µm に変換できます。

HS20 の概要

 レーザー光源 クラス 2 HeNe (ヘリウムネオン)
 補正システム精度 ±1.0ppm (µm/m)
 測定範囲 0~60m
 アナログ出力信号周期 316nm
 デジタル矩形波出力分解能 79、158、316 または 633nm
 出力更新速度

 1、2、4、8、16MHz

 最高速度2m/s


HS10 と HS20 の互換性

HS20 は、HS10 および HS10X との後方互換性を備えています。HS20 へは、実質、「プラグ&プレイ」でアップグレードできます。セットアップも簡単で、電源接続と外部システムの構成が改良されています。

製品情報