ナビゲーションのスキップ

ハードウェア

Equator™ のハードウェアとしては、本体、コントローラ、プローブキットがあります。

Equator 本体

Equator 300 と Equator 500 Extended Height

Equator の特徴:

  • パラレルキネマティック抑制機構を実装。優れた剛性で高速動作でも優れた繰り返し精度を確保
  • 軽量ながらも頑丈な構造
  • 優れた繰り返し精度を持つ高速 SP25 スキャニングプローブを使用したフォーム計測で詳細な形状解析を実施
  • プラグ&プレイで短時間で設置可能。圧縮空気は不要で、単相電源のみ使用

コントローラ

Equator コントローラ

Equator コントローラは汎用性が高く、Equator を高速かつ高精度に制御します。

リアルタイム制御を行い、平行して計測ソフトウェアインターフェースを実行操作します。

UCCserver ソフトウェアを介することで簡単にシステムの使用およびセットアップができます。また、高機能な I++ コマンドプロトコルを実装しています。

SP25 プローブキット

SP25 プローブキット

業界標準の 3 軸アナログスキャニングプローブで、毎秒数千点のデータを取得します。繰り返し精度の高い高速スキャニングによって、Equator による複雑な形状のフォーム測定と解析が実現します。

Equator:直交座標構造ではなく、パラレルキネマティック機構を搭載

パラレルキネマティック構造の Equator は、工作機械と三次元測定機に使用される従来の直交座標構造に比べて、繰り返し精度を向上し、慣性影響と電力消費を低減しています。

Equator 300 ゲージングシステム

Equator は、X、Y、Z 軸が直交する従来の直交座標構造とは原理、構造、操作が完全に異なります。通常、直交座標構造では大きな軸や高重量の鋳造品により、繰り返し精度を確保するには不可欠な剛性を得ています。

反面、このように高重量の構造によって繰り返し精度に悪影響がでる場合もあります。ヒステリシスは、力を加えるときと開放するときの間に発生し、構造のゆがみの原因となる遅延と定義されています。

また、高重量の軸は高速動作が難しく、低重量の軸に比べて加速時に大きな慣性力がかかります。同じ加速性を得るためには、より多くの力が必要になりますが、この力は比例関係にありません。このため、十分な精度を維持しながら直交座標構造を移動できる速度には、現実的に限界があります。慣性が一定しないことで見えない動きが発生し、これが測定誤差として現れます。

Equator では、直線駆動軸 3 本が筐体上部の 3 個のユニバーサルジョイントに取り付けられています。そして、各軸のもう一方の末端がプローブのプラットフォームに連結されており、測定プローブとそのプローブの駆動軸とが直結しています。軸の位置決めはモータにより行われ、ピボット固定方式を採用していることから、軸本来の伸張と圧縮を維持し、歪みを排除しています。

駆動軸に取り付けられているリニアエンコーダにより、軸が駆動したその場所からフィードバックが返されます。これらすべての要素がひとつのシステムに凝縮されており、構造内の実質すべての動作が目に見えるようになっています。そしてその構造は一貫した比較繰り返し精度によって実績が証明されています。P、Q、R 軸と呼ばれる直線 3 軸の向きは、バックグラウンドで実行される数学アルゴリズムによって従来の X、Y、Z 軸に変換されます。これによりプログラミングソフトウェアから X、Y、Z 方向の移動コマンドを送信できるようになります。

詳細情報