ナビゲーションのスキップ

宝石学

レニショーのラマンシステムを使用すると、宝石の特定、検査、鑑定を行うことができます。レニショーの inVia 共焦点ラマンマイクロスコープは、世界の多くの宝石研究所により最良の装置として採用されています。

理想的な鑑定ツール

  • 宝石の真贋を鑑定したり、天然石か、合成石か、処理石かを判断したりできます。
  • 宝石の亀裂が充填物で処理されていないかどうかを判断
  • 固体、液体、気体等含有物の特定
  • 鉱物の結晶タイプの特定
  • ラマンまたはフォトルミネセンスイメージによる結晶の欠陥、空孔、置換の研究
  • 宝石内部の深い位置にある場合でも含有物の分析が可能

さらに、ラマン分光は非破壊式技術であるため、宝石や鉱物に損傷を与えることがありません。

簡単に導入

レニショーの inVia 共焦点ラマンマイクロスコープは、従来の記載岩石学的分析技術を補うもので、ラマンとフォトルミネセンスイメージとスペクトルの両方を取得するために使用できます。

宝石の専門家には使いなれている光学顕微鏡を使用し、すべての標準観察方法(透過光または反射光、偏光)に対応することができます。inVia は、高度に自動化されており、複雑な操作は自動処理しているため、サンプルにフォーカスを合わせるだけでスペクトルを測定できます。

宝石の鑑定

レニショーの無機物・鉱物スペクトルデータベースにより、宝石を簡単に同定することができます。ダイヤモンド、モアッサナイト、その他の物質も数秒で識別できます。

粗悪品の検出

ラマン分光を使用すると、粗悪な宝石も簡単に検出できます。

inVia の高空間分解能と長焦点対物レンズオプションを使用すると、顕微鏡でやっと見えるほどのミクロン単位の割れ目に使われたエポキシやその他の充填物でも確認することができます。

さらに、熱処理や照射処理を行った宝石も検出できます。例えば、見かけを向上するために施されたダイヤモンドの高圧高温処理も検出が可能です。

含有物の調査

含有物の組成を簡単に確認し、StreamHR™ 高速共焦点ボリュームイメージングにより三次元形状を可視化することができます。また、固体だけでなく、液体や気体の含有物も分析できます。

詳細について

レニショーでは、お客様のニーズに合わせてサポートをお届けします。

本分野の詳細または他分野については、アプリケーションチームにお問い合わせください。

宝石学の最新ニュース

ラマン分光:高度な宝石分析技術

中国国立宝石試験センター(NGTC)では、レニショーの高性能な inVia 共焦点ラマンマイクロスコープにより、非破壊方式での宝石の同定と特性評価を行っています。