ナビゲーションのスキップ

自動化用ソフトウェア EZ-IO

Equator™ は、スマートファクトリのシャトルタイプの装置やロボットによるパーツのロードを行うセルに組み込んで使用できます。

EZ-IO による Equator の自動化

Equator オートメーションキットは EQ-IO インターフェースと EZ-IO ソフトウェアから構成されます。このキットを使うことで、スマートファクトリに見られる製造セルに Equator を統合してパーツの自動ロードを実現できます。例えば、EQ-IO と EZ-IO でシンプルなシャトルタイプの装置やロボットに接続します。そして、パーツがロードされた段階で測定を開始するためのコマンドを受け入れ、測定プログラムを切り替え、パーツの合格/不合格の結果に応じて適切な場所にパーツを配置するように指示を出せます。

EZ-IO は、自動化のセットアップを簡素化し、Equator と自動生産設備のコントローラ間の通信を構築します。

自動リマスタリング(Equator で製造現場の温度変化が検出された場合にロボットやシャトルタイプの装置でマスターパーツをロードする機能)などの、インテリジェントな機能を実施できます。

例えば、既定の手順でパーツのロード/アンロードを行う一般的なロボットと統合して、高速起動と強固な制御を実現できます。

一般的なアプリケーションでは、ロードするパーツを正しい位置と向きに配置して繰り返し精度の高い測定を行うために空圧式治具や電動治具が用いられています。パーツの測定が終了すると、EZ-IO からパーツが指定公差内かどうかを示す信号が出されるため、ロボットはこの信号に基づいてさまざまな操作を行います。

EZ-IO に統合された Process Monitor

Process Monitor の表示は EZ-IO で確認できるため、Equator と自動セル間の通信の確認と、グラフ形式の測定履歴によるプロセスコントロール情報の確認を同時に行えます。

PLC との統合

必要に応じて、操作の手動選択ができるよう PLC(プログラマブルロジックコントローラ)を設定できます。この場合は、ボタンコンソールを使用して、Equator に測定サイクルの開始信号を発信します。または、ボタンコンソールを Equator に接続して、パーツの着脱を制御することも可能です。

EZ-IO Scheduler

EZ-IO Scheduler とは、システムインテグレータが簡単に立上げを行えるようにするための事前定義ロボットシーケンスです。