ナビゲーションのスキップ

異物

ラマン分光の最も一般的な用途のひとつに、異物の特定があります。製造の停止につながるおそれのある異物という問題が、世界中のほぼすべての製造現場に存在します。また、原料や汚染物質の環境および規制モニタリングにも関連します。

異物の例:

  • 半導体ウェハ上の粒子
  • 金属の腐食生成物
  • 加工品上のオイルやクーラント
  • 薬品成分内の異物
  • 大規模なウェハ施設内のポリマ粒子(マイクロビーズなど)

異物のラマン分析

ラマン分光は、異物を特定し、その根源を究明する優れた技術ですレニショーのラマンシステムでは、可能な限り最高のデータが得られます。異物の簡単かつ短時間の特定に役立ちます。特徴は下記のとおりです。

  • サブミクロン単位の空間分解能で高感度 - 材料のわずかな痕跡や薄膜も分析可能
  • ラマンスペクトルデータベース - 異物を短時間で同定可能
  • 紫外線から赤外線のマルチレーザー 対応– 幅広いサンプルを分析できる汎用性の高さ
  • 非破壊式/非接触式分析 - 異物の痕跡を維持
  • サイズの異なる粒子の特定、分析、測定自動化もオプションで対応

問題を理解するレニショー

どんなに慎重に製造プロセスを行っても、状況の変化により異物が混入することがあります。

最先端の高度製造技術を備える当社は、高品質の製品で評価されています。当社のエンジニアも、自社の品質管理プロセスの一環で inVia Reflex コンフォーカルラマンマイクロスコープを使用しており、異物に関する問題をよく理解しています。

ダウンロード: 分析化学 (異物)

ニーズに合わせたサポート

本分野の詳細または他分野については、アプリケーションチームにお問い合わせください。

アプリケーションチームにお問い合わせください

関連記事

環境中のマイクロプラスチックの識別

デンマーク工科大学では、レニショーのラマン分光システムを使用して、同国の下水および雨水処理システムにおけるマイクロプラスチック汚染度の特徴評価を行っています。