ナビゲーションのスキップ

化学薬品

ラマン分析を使用すると、損傷を与えることなく、化学物質を同定できるだけでなく、定量的情報と定性的情報を得ることができます。

レニショーのラマンシステムは、汎用性に優れている為、特定の化学分析ニーズに合わせてカスタマイズすることができます。また、ニーズの変化に応じて、新しい機能を追加することも可能です。

組成および構造

ラマン分光は次の目的に使用できます。

  • 反応生成物の同定および特性の把握
  • 反応の観察
  • 混合物の分析およびドメインサイズと分布の解明
  • ゲル、乳液、残留物の研究(例えば、化粧品産業に見られるもの)
  • マイクロ流体システム内の微量な物質の研究

粉末洗剤の白色光イメージとラマンイメージ。

このラマンイメージは、白色光イメージで認識できる粒子とできない粒子のどちらとも化学的には異なるドメインを示しています。

情報を素早く

化学薬品を短時間で同定して、その組成と構造を解明することができます。SynchroScan を使用すると、1 回の測定で、全ラマン範囲のすべての主要ラマンバンドを高スペクトル分解能で解明することができます。単一のスペクトルからは可能な限りすべての情報を得ることができ、物質を同定したり理解したりするのに役立ちます。

混合物の分離

ほとんどの固体混合物と粘性混合物から、高分解能のケミカルイメージを生成できます。StreamLine では、混合物内の粒子の分布とドメインサイズに関する正確かつ詳細な情報が得られます。これにより、粒子が共局在化する場所を確認して、ラマンデータを白色光顕微鏡と比較することができます。

変化の観察

レニショーでは、様々なファイバープローブと直接結合のサンプリングオプションをご用意しています。これにより、特にアクセスが難しい場所のサンプルでも分析することができます。レニショーでは、シンプルな反応槽からカスタム製造のチャンバーまで、必要な場所にレーザーを照射できるようにすることができます。

詳細について

アプリケーションノートのダウンロード

レニショーでは、お客様のニーズに合わせてサポートをお届けします。

本分野の詳細または他分野については、アプリケーションチームにお問い合わせください。