ナビゲーションのスキップ

触媒

ラマン分光は、触媒と触媒反応の研究に、徐々に使用されるようになってきています。ラマン分光から触媒反応のメカニズムに関する重要な情報が得られ、変換効率の改善に役立っています。

様々な触媒システムの分析

ラマン分光は、次の研究に特に有効です。

  • 触媒のフェーズの識別
  • 反応メカニズムの調査
  • in situ 測定の実施
    • 反応環境内で
    • 高温高圧で
    • 水溶液中で
  • 副産物とその他の未知の情報を解明

反応槽への柔軟なアクセス

レニショーのシステムは、サンプルを装置に運ぶことができない状況でも、光ファイバープローブまたは直接結合の光学部品を使用することで、ラマンデータを取得できます。この場合には、サンプル観察も可能なため、レーザースポットの位置を確認して、正しい分析位置に照射されているかを確認することができます。

環境制御

基本的にほとんどの触媒は、空気中で不安定になります。レニショーは、サンプルを適切な環境に維持するために最適なセルを提供することができます。これにより、in situ 分析の実施時に温度、湿度、気体環境を制御できます。

パワーの制御

一部の触媒はレーザーにより損傷します。レニショーでは、分析に最適なレーザーパワーを簡単に選択できるようにしています。さらに、ラインフォーカス機能を使用してレーザーパワーの密度を低減し、サンプルの変質リスクを低減しています。これによりレーザーによる損傷のリスクを伴うことなく、ラマンシグナルを最大限に引き出し、物質を正確に反映するデータを取得することができます。

ダウンロード: 化学 (触媒)

ニーズに合わせたサポート

本分野の詳細または他分野については、アプリケーションチームにお問い合わせください。

アプリケーションチームにお問い合わせください

関連記事

改良された固体触媒のための「ラマン分光動力学」

オーバーン大学に拠点を置くカレログループは、触媒プロセスを改善し、その効率と持続可能性を高めるための基礎研究を行っています。彼らが目指しているのは、in situ / オペランドラマン分光を用いて最良の触媒を開発し、分子、構造、機構上の洞察を集めることです。