ナビゲーションのスキップ

キャリブレーションの用途別ケーススタディ

レニショーの測定装置、分析装置、診断装置は、30 年以上にわたり、さまざまなエンドユーザーをサポートしてきました。

レニショーは、機械性能の向上に貢献するさまざまなキャリブレーションソリューションをエンドユーザー、機械 OEM そしてメンテナンス業者に提供しています

レニショー製キャリブレーション製品がどのように役に立っているか、ご覧ください。

レーザーシステムの活用事例

レニショーのレーザー干渉計システムは、非常に広範な用途に活用されています。レーザーシステムは工作機械や三次元測定機の総合的な精度評価に広く使用されている一方で、研究分野やその他位置決め精度が要求されるモーションシステムの精度評価など、超高精度、繰り返し精度およびトレーサビリティを備えた測定が必要となる場面でも使用されています。

レニショーの XK10 アライメントレーザーがまさに理想としていたものです。効率的に測定できるだけでなく、精度も確実です。デモでは、三次元測定機に匹敵する測定結果となり、関心しました。ワイヤレス通信が採用されているため、キット一式のみでいろいろなセットアップや測定が可能です。また、レポートの出力もできるため、Hurco 製の新機械の性能を顧客にわかってもらえます。

Hurco Manufacturing 社 (台湾)

レーザーシステムの他のケーススタディ

ボールバーシステムの活用事例

レニショーの QC20 ボールバーシステムは、製造、メンテナンス、エンジニアリング、製造計画、品質管理などさまざまな場面で機械運用を効果的に制御するために必要な情報を取得できます。

ボールバーは実にさまざまな顧客の下で活用されており、数多くのメリットを提供しています。

加工を開始する前に機械の性能を把握することで、スクラップや機械のダウンタイムを最小限に抑えられます。そのため、製造コストを抑えたまま、高いパーツ精度を達成できるようになっています。これこそが、リーン生産方式です。顧客価値が高まります。

Nemcomed 社 (アメリカ合衆国)

ボールバーの他のケーススタディ