ナビゲーションのスキップ

QC20-W および QC10 用 Ballbar 20

220°のパーシャルアークテスト (QC20-W のみ。オプションのハードウェアが必要) と空間解析に対応した、高機能で使いやすいソフトウェア

幅広い種類のテストとレポートに対応した高機能ソフトウェア

Ballbar 20 は、QC20-W ワイヤレスボールバーシステム用ですが、従来の QC10 ボールバーとも互換性があり、Ballbar 5 のテストファイルとテンプレートにも対応しています。QC10 と QC20-W の両方のボールバーを使用できます。

主なメリット

  • モニター上の Ballbar 20 テスト 空間解析: 直交する平面から 3 種類のテストファイルを選択して (同一条件でテストを実施した場合)、同じ画面に表示できます。新しい解析で、全体の真円度の最大値と最小値を検出して「真球度」を表示します。また同時に、個々のテストの真円度結果を表示します。(注: 空間解析は Ballbar 20 でテストデータファイルを収集している場合にのみ使用できます)
  • 最新規格対応: 診断は、現在 ISO 230-4:2005 および ANSI/ASME B5.54-2008 に準拠していますが、これらの規格の以前のバージョンに準拠した解析にも対応しています。
  • 機械フォルダとファイルのエクスポートとインポート: サービスエンジニア向けに、セントラル/共有ディレクトリのデータの簡単な更新および共有を実現しています。
  • 機械の「クローン」機能: 既存の機械を選択し、「クローン」作成して編集することで、同様の機械を簡単に複製しテストできます。
  • 連続テスト (アドバンスモードのみ): 指定した回数のテストを連続して実施し、自動的にデータファイルを保存 (ファイル参照名には連番が付きます) できます。

主な特長

総合的なテストとレポート

Ballbar 20 では、ボールバーテストを 1 回限りのテストとしても、ユーザー定義のテストテンプレートとしてもセットアップおよび実行できます。取得したデータは、ISO 230-4、ANSI B5.54 などの国際規格に対応したフォーマットや、レニショーの包括的な解析フォーマットで出力できます。

Ballbar 20 では軌跡をグラフィック表示できます。また、全体的な機械精度に対する影響に応じて各誤差の順位付けを行い、位置決め公差と一緒に表示します。

機械性能履歴

ユーザー定義のテストテンプレートを使用して比較することにより、ボールバーで測定した機械の各種性能特性 (ISO 230-4 真円度と半径偏差、位置決め公差、直角度、バックラッシュなど) が一定期間にどのように変化したかを明確に確認できます。機械の性能履歴をグラフ表示する機能です。

グラフから機械のトレンドが明確にわかるため、事前にメンテナンスを計画できます。また、機械の衝突が発生したときにはグラフが途切れるため、問題箇所の診断を行えます。

さらに、QC20-W ボールバーで測定した機械特性に警告や許容範囲を設定することもできます。設定することで、許容範囲が履歴グラフに表示されるようになるため、ボールバーテストを実行するたびにその結果をその場ですぐに確認できます。

パートプログラムジェネレータ

ボールバーテストに使用する CNC パートプログラムを、簡単に自動作成できます。作成手順としては、テストをセットアップし、機械コントローラのタイプを選択します (ソフトウェアにはデフォルト設定が実装されています。設定の追加やカスタマイズも可能です)。そして、ワンクリックでプログラムを作成できます。また、必要に応じて編集し、ダウンロードして CNC に転送できます。作成したプログラムは、ソフトウェアに保存して後々使用することもできます。

ボールバープロットシミュレータ

機械性能に対するメンテナンスと調整の影響を推測します。

テスト結果を画面上に再現し、機械の幾何誤差、ガタ、動的誤差を変更して、ボールバーのプロットや真円度、位置決め公差への調整の影響をシミュレーションできます。独立したシミュレータとして行われるため、元のテストデータに影響はありません。

多言語サポート

Ballbar 20 は、英語、チェコ語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、ポルトガル語、ロシア語、スペイン語、日本語、韓国語、中国語、ポーランド語、トルコ語、スウェーデン語、ハンガリー語に対応しています。

Ballbar 20 では、Ballbar 20 上で使用している表示言語とは別の言語でレポートを作成できるため、海外の顧客のためにテストレポートを作成する場合に理想的です。

選択可能なユーザーモード

Ballbar 20 では 3 種類の操作モードがあります。ニーズやオペレータのスキル、権限レベルに合わせて利用できる機能を制限できます。

  • クイックチェック: さまざまなセットアップで 1 回限りのテストを実施
  • オペレータ: 機械の状態に関する総合的な定期テスト用(テストテンプレートを事前設定しておくことで、テスト時間を短縮し、セットアップの一貫性を確保できます)
  • アドバンス: フルセットアップと機械データの編集用

イメージギャラリ

ソフトウェアのダウンロード

  • ソフトウェアダウンロード: Ballbar 20 V5.09.09 [en]

    すべての QC20-W ボールバーキットに提供されている最新ソフトウェアは、QC10 ボールバーにも使用出来ます。PC 必要スペック:Windows® XP (SP2 以降)、Windows® Vista、Windows 7、Windows 8。必要に応じて Microsoft.NET ソフトウェア(V3.5 以降)が自動的にインストールされますが、これには 15 分程度かかることがあります。

  • ソフトウェアリリースノート:  Ballbar 20 (V5.09.09) ソフトウェアリリースノート: Ballbar 20 (V5.09.09) [en]

    Ballbar 20 V5.09.09 のインストールと使用に関する重要な情報。ソフトウェアのダウンロードまたはインストール前にこれをお読みいただくことをお勧めします。