ナビゲーションのスキップ

AxiSet™ Check-Up

多軸工作機械の高速・自動ヘルスチェック

わずか数分で機械の性能を測定してレポートを作成

フルオートのプローブ計測テストで、一貫して正確な結果を取得

履歴機能と比較機能で、機械性能の経時変化をトラッキング

多軸機用

市場では多軸機の需要が強い伸びを示しています。AxiSet Check-Up を使うことで、回転軸性能の解析や、不適切な機械設定の検出、衝突または摩耗による問題の特定を簡単かつ確実に実施できます。

AxiSet Check-Up 動画

AxiSet Check-Up 製品紹介

AxiSet Check-Up は、一般的な構成の 5 軸機および複合加工機に対応しており、回転軸の回転中心の状態を迅速かつ正確にチェックできます。プローブ計測用マクロソフトウェアと専用キャリブレーション治具を使ってアライメントおよび位置決めの性能チェックを迅速に実行し、ベンチマークを設定し、複雑な機械の経時変化をモニタします。

多軸機の性能をグラフ化できるため、指定の許容値を基準にして「合格」または「不合格」の判定や履歴機能と比較機能を使用した機械性能の経時変化のモニタリングに役立ちます。また、機械の設定や衝突摩耗が原因で起こる機械のアライメントや幾何形状のずれの特定にも便利です。さらに、AxiSet Check-Up では、自動的にパラメータを更新して、回転軸の回転中心誤差を補正することもできます。

性能の分析結果は、Microsoft® Excel® を介してグラフ形式のレポートとして出力され、ユーザー指定の許容値との比較や履歴機能での比較用に保存されます。結果はすべて、Microsoft® Word® を介して標準レポートの書式で印刷することも可能です。

特長とメリット

  • 多軸機の性能を測定してレポート作成
  • 回転中心の誤差を検出してレポート作成
  • フルオートのテストで、一貫性のある正確な結果を取得
  • 重要な角度でのテスト用に、テスト角度のユーザー定義可能
  • 重要形状を加工する前に機械精度の信頼性を向上できる、トレランス機能を実装
  • 履歴機能と比較機能で、機械性能の経時変化をトラッキング
  • グラフ形式レポートで、衝突や設定ミスによる機械の性能変化を素早く特定
  • 記録管理や資料配布用にレポートを印刷可能
  • 回転中心誤差の自動補正用に自動更新オプション
  • インストールウィザードでインストールと設定が簡単

AxiSet Check-Up 製品資料

画像

AxiSet Check-Up システム構成品

マクロ

プローブ計測マクロは、CNC コントローラごとに作成されており、5 軸マシニングセンターや複合加工機で機械種別に応じて使い分けします。これらのマクロにより、機械が駆動し、計測データが取り込まれます。

PC ソフトウェアパッケージ

Microsoft® Excel® でプローブデータを分析して、計測結果をわかりやすいグラフ形式で表示します。 

ハードウェア

キャリブレーション基準球 1 個。マグネットベースに固定し、計測の基準形状として使用します。簡単に使用できるため、セットアップには最低限の時間しかかからず、またほとんどの場合、固定治具やパーツを外す必要がありません。

AxiSet Check-Up との組み合わせ推奨品

ストレインゲージプローブ: 最高レベルの計測精度を得るため、CNC マシニングセンターにストレインゲージプローブの使用を推奨します。RENGAGE™ を実装したプローブの最新世代です。

校正済みテストバー: 校正済みテストバーと使うことで、AxiSet Check-Up で得た計測値のトレーサビリティが確実になり、工作機械メーカーの設定と計測値との比較を行えるようになります。

AxiSet Check-Up 製品資料