ナビゲーションのスキップ

オートジョイント式エクステンションバー

プローブとプローブヘッドの間に配置して、精度を低下させずに測定範囲を拡張するためのプローブエクステンション

自動交換エクステンションバー オートジョイント式エクステンションバーは、一端がレニショーオートジョイントのメス型で、もう一端がプローブ接続用マウントになっています。プローブヘッド側にオートジョイントのオス型部分があり、エクステンションバーを高速で自動/手動交換できるようになっています。

オートジョイント式エクステンションバーは、複数プローブを使用する用の、ACR1 および ACR3 プローブチェンジラックへの使用に最適です。マルチワイヤ(全 13 ピン)接続か、2 線接続を使用します。プローブ側の端部は、オス型オートジョイントか M8 ねじです。

PHS1 ヘッドアダプタの三点支持機構にはさまざまな種類があるため、他のプローブタイプに変更したり、エクステンションバーを使用したりできます。

オートジョイントからオートジョイントへのエクステンションバー

PEM1

マルチワイヤ対応のエクステンションバーで、オートジョイント式プローブの到達範囲を拡大できます。

PEM エクステンションバーは、すべてのマルチワイヤ対応プローブ(TP7M、SP25M、SP600M スキャニングプローブと OTP6M 光学式プローブ)と、アダプタを使用するその他のタッチトリガープローブ用に設計されています。

オートジョイントから M8 ブッシュへのエクステンションバー

PAA2 エクステンション

M8 プローブをオートジョイントのプローブヘッドの間に取り付けるエクステンションバーです。

PAA シリーズのエクステンションバーを使うことで、TP20PH10M PLUS または MIH などの標準ツーワイヤタッチトリガー式プローブを、オートジョイント式ヘッドに装着できるようになります。

PAA エクステンションバーには、3 種類あります。長さ 30mm、スチール製の PAA1、アルミニウム製で有効長が 140mm の PAA2 と 300mm の PAA3 です。

PHS1 用ヘッドアダプタ

HA-8

PHS1 のコネクタに、他のプローブセンサーを接続できるようになります。

HA-M は、マルチワイヤ対応プローブを PHS1 と使用するために使います。

HA-8 は、カスタム仕様の PHS1 ヘッドエクステンションの代わりに、M8 エクステンションを使用するために使います。

PHS1 用ヘッドエクステンション

PHS1 ヘッドエクステンション

M8 ねじのエクステンションバーと一体化した、PHS1 用ヘッドアダプタです。ACR2 での自動交換が可能です。

エクステンションバーの長さには、を 330mm、500mm または 750mm があります(型名はそれぞれ HE330、HE500、HE750)。ヘッドエクステンションは、単品かキットでご購入ください。