ナビゲーションのスキップ

ATOM DX™ インクリメンタルエンコーダシステム with RTLF リニアスケール

機能

  • リードヘッドから直接デジタル出力
  • リードヘッドサイズ: 20.5×12.7×10.85mm (上面接続タイプは 20.5×12.7×7.85mm)
  • 最高分解能 2.5nm
  • 最高速度 20m/s
  • 低周期誤差: ±75nm 未満 (20µm ピッチ用)、±120nm 未満 (40µm ピッチ用)

メリット

  • 小型
  • インターフェース別途不要
  • オプティカルフィルタ機構で汚れに対する高い耐性を確保
  • トラブルシューティングや取付けに役立つ、高度診断ツールに対応
  • 安定した品質
  • 使い勝手がよく、頑丈な両面テープ式スケール

ウェブサイトバナー用透明パッチ

ATOM DX とは

ATOM DX は、デジタル信号をリードヘッドから出力する、レニショー最小の光学式インクリメンタルエンコーダです。位置フィードバック、内挿分割処理、オプティカルフィルタ機構を、超小型パッケージに実装しています。

アクセサリの 高度診断ツール ADTi-100 とソフトウェア ADT View を介して、要件の厳しいモーションコントロールシステムにおけるエンコーダセットアップの最適化や現場での診断やトラブルシューティングに役立つ詳細情報を取得できます。

最高分解能は 2.5nm で、多種多様な構成に対応可能です。

ATOM DX にはケーブルタイプと上面接続タイプがあり、20µm または 40µm ピッチのスケールと使用します。

RTLF スケールとは

RTLF は、ユーザー側で位置選択可能なリファレンスマークを実装した、薄型のステンレススチールテープスケールです。精度としては、標準スケール (ピッチ 40µm) の±15µm/m、高性能スケール (ピッチ 20µm と 40µm) の±5µm/m、の 2 種類があります。どちらの種類も最大長は 10m です。


RTLF-S は両面テープを使用して機材に固定します。両面テープは、機材に影響されない熱膨張率を維持できるように製造されています。


なお、1 箇所をクランプ固定して基準位置を配置して、取付けを完了します。

このエンコーダシステムのメリット

省スペース用超小型エンコーダ

ATOM は 20.5mm×12.7mm×7.85mm という小型なため、極めてスペースが限られている場合でも取付け可能です。ケーブルタイプと上面接続タイプがあります。

トラブルシューティングとトラブル解決が簡単

高度診断ツールは ATOM DX リードヘッドからさまざまなリアルタイムデータを取得します。取得したデータは、使い方が簡単なソフトウェアの ADT View で表示します。システムのセットアップには、エンコーダに搭載された内蔵セットアップ LED が十分なことがほとんどですが、高度診断ツールは、通常よりも取付け条件が難しい場合に使用します。また、高度診断ツールをエンコーダパフォーマンスの確認に使用したり、システムのトラブルシューティングに役立てて長いダウンタイムを回避したりできます。

高性能

最高分解能 2.5nm、低周期誤差、低ジッタの ATOM DX は、高性能なエンコーダです。リードヘッドからのデジタル信号出力と市場での高い実績を誇るレニショーのオプティカルフィルタ機構を実装しており、今日のモーションシステムにとっての強力な基盤となります。

高度診断ツール ADTi-100 (アクセサリ)

VIONiC 高度診断ツール

ATOM DX エンコーダシステムは 高度診断ツール ADTi-100 とソフトウェアの ADT View に対応しています。難しい取付けや診断に役立つさまざまなデータを、エンコーダからリアルタイムで取得できます。ソフトウェアのインターフェースは直感的な作りになっており、下記の機能が使用できます。

  • リモートキャリブレーション
  • フルストロークにわたる信号の最適化
  • リファレンスマークの表示
  • エンコーダ位置をデジタル表示 (スケールに対する相対位置)
  • 時間 v.s. 速度グラフのモニタリング
  • データのエクスポートと保存

技術仕様

対応スケール

両面テープ式ステンレススチールテープ

リードヘッドサイズ (長さ×幅×厚さ)

ケーブルタイプ: 20.5mm×12.7mm×10.85mm

上面接続タイプ: 20.5mm×12.7mm×7.85mm

スケールピッチ

20µm と 40µm

熱膨張率 (20℃時)

10.1±0.2µm/m/℃

精度等級 (20℃時)

20µm: ±5µm/m

40µm: ±15µm/m

40µm (高精度): ±5µm/m

リファレンスマーク

光学式、選択解除可能

リミットスイッチ

該当なし

スケール長

最長 10m (10m 超も対応可)

最高速度          


最高 20m/s

(詳細はデータシート参照)

周期誤差

20µm タイプ: 平均±75nm 未満

40µm タイプ: 平均±120nm 未満

動的信号制御

オートゲインコントロール、オートオフセットコントロールなどの、さまざまな作動条件で最適性能を達成するためのリアルタイム信号適正化処理

インクリメンタル信号

分解能 10µm~2.5nm

(詳細はデータシート参照)

電気接続

ケーブルタイプ: 0.2m、0.5m、1m、1.5m、2m、3m、D サブコネクタ (9 および 15 ピン)
ケーブル長 0.5m、1m、3m: JST 10 ピンコネクタ
上面接続タイプ: JST 10 ピンコネクタ

電源

5V-5%/+10%、平均<200mA 完全終端

振動 (動作)

最大 100m/s²@55Hz~2000Hz、3 軸

衝撃 (動作)

1,000m/s²、6ms、½ sine、3 軸

動作時温度

0℃~+70℃

防水防塵性能

IP40

詳細については、データシートを参照してください。

ダウンロード

データシート

ソフトウェア

メカニズム

ATOM DX には、TONiC や VIONiC というレニショーのインクリメンタルエンコーダにも採用されている、市場で実証済みのオプティカルフィルタ機構を採用しています。リードヘッド内には、インクリメンタルマークセンサーとリファレンスマークセンサーの中央に、2 方向に光を照射する LED が配置されています。この LED は拡散性が高く、低い高さから LED 自体の大きさよりも広いスケール上の領域に光を照射できるため、インクリメンタルマークとリファレンスマーク領域両方を照らします。非干渉性 LED によりハーモニックエラーのない純度の高い信号が得られるため、高分解能での内挿分割が可能になっています。また、効率的なオプティカルフィルタ機構により、ジッタの低い信号が出力されます。スケールの汚れや起伏によって測定誤差が発生しないことも、このオプティカルフィルタ機構の利点です。


オートゲインコントロール、オートバランスコントロール、オートオフセットコントロールといった高度な動的信号処理が組み合わされ、平均±15nm 未満という非常に低い周期誤差を実現しています。


オプティカルフィルタ機構と選び抜かれた電子部品との組合せにより、12m/s の最大速度を実現する広い帯域幅のインクリメンタル信号を確保しながら、このクラスのエンコーダで最小の位置データのジッタ (ノイズ) を実現しています。内挿分割はリードヘッド内で行われ、高分解能バージョンでは、ノイズ低減用の機構を追加搭載することで、わずか 1.6nm RMS というジッタを実現しています。


ATOM DX のリファレンスマークは大きめで、トラックの外側に配置されているため、汚れに対する高い耐性を確保できています。リファレンスマークの位相調整は、QUANTiC™VIONiC™ と同様のシンプルかつ直感的な自動キャリブレーションルーチンで実施できます。

注釈付きの ATOM™ 光学機構