ナビゲーションのスキップ

ATOM DX™ インクリメンタルエンコーダシステム with RCLC リニアスケール

特徴

  • リードヘッドから直接デジタル出力
  • リードヘッドサイズ: 20.5×12.7×10.85mm (上面接続タイプは 20.5×12.7×7.85mm)
  • 最高分解能 2.5nm
  • 最高速度 20m/s
  • 低周期誤差: ±75nm 未満 (20µm ピッチ用)、±120nm 未満 (40µm ピッチ用)

メリット

  • 小型
  • インターフェース別途不要
  • オプティカルフィルタ機構で汚れに対する高い耐性を確保
  • トラブルシューティングや取付けに役立つ、高度診断ツールに対応
  • 安定した品質
  • 低熱膨張率 (約 8µm/m/℃) のガラススケール

ウェブサイトバナー用透明パッチ

ATOM DX とは

ATOM DX は、デジタル信号をリードヘッドから出力する、レニショー最小の光学式インクリメンタルエンコーダです。位置フィードバック、内挿分割処理、オプティカルフィルタ機構を、超小型パッケージに実装しています。

アクセサリの 高度診断ツール ADTi-100 とソフトウェア ADT View を介して、要件の厳しいモーションコントロールシステムにおけるエンコーダセットアップの最適化や現場での診断やトラブルシューティングに役立つ詳細情報を取得できます。

最高分解能は 2.5nm で、多種多様な構成に対応可能です。

ATOM DX にはケーブルタイプと上面接続タイプがあり、20µm または 40µm ピッチのスケールと使用します。

RCLC スケールとは

RCLC は、20µm または 40µm ピッチのインクリメンタル目盛りを刻んだ、最大長 130mm のガラススケールです。RCLC は測定精度±3µm で、スケールの中央と端に 1 個ずつリファレンスマークを実装しています。リファレンスマークは、スケールに対するリードヘッドの向きで選択します。

RCLC は両面テープで機材に固定します。両面テープは、機材に影響されない熱膨張率を維持できるように製造されています。

このエンコーダシステムのメリット

省スペース用超小型エンコーダ

ATOM は 20.5mm×12.7mm×7.85mm という小型なため、極めてスペースが限られている場合でも取付け可能です。ケーブルタイプと上面接続タイプがあります。

トラブルシューティングとトラブル解決が簡単

高度診断ツールは ATOM DX リードヘッドからさまざまなリアルタイムデータを取得します。取得したデータは、使い方が簡単なソフトウェアの ADT View で表示します。システムのセットアップには、リードヘッド内蔵のセットアップ LED で十分なことがほとんどですが、高度診断ツールは、通常よりも取付け条件が難しい場合に使用します。また、高度診断ツールをエンコーダパフォーマンスの確認に使用したり、システムのトラブルシューティング時に活用してダウンタイムの長期化を回避したりできます。

高性能

最高分解能 2.5nm、低周期誤差、低ジッタの ATOM DX は、高性能なエンコーダです。リードヘッドからのデジタル信号出力と市場での高い実績を誇るレニショーのオプティカルフィルタ機構を実装しており、今日のモーションシステムにとっての強力な基盤となります。

高度診断ツール ADTi-100 (アクセサリ)

VIONiC 高度診断ツール

ATOM DX エンコーダシステムは 高度診断ツール ADTi-100 とソフトウェアの ADT View に対応しています。取付けや診断が難しい場合に役に立つ、エンコーダのさまざまなデータをリアルタイムで取得できます。ソフトウェアのインターフェースは直感的な作りになっています。また、下記の機能が使用できます。

  • リモートキャリブレーション
  • 軸のフルストロークにわたる信号の最適化
  • リファレンスマークの表示
  • エンコーダ位置をデジタル表示 (スケールに対する相対位置)
  • 時間 v.s. 速度グラフのモニタリング
  • データのエクスポートと保存

技術仕様

対応スケール

両面テープ式ガラススケール

リードヘッドサイズ (長さ×幅×厚さ)

ケーブルタイプ: 20.5mm×12.7mm×10.85mm

上面接続タイプ: 20.5mm×12.7mm×7.85mm

スケールピッチ

20µm と 40µm

熱膨張率 (20℃時)

約 8µm/m/℃

精度等級 (20℃時)

±3µm

リファレンスマーク

単一リファレンスマーク (スケールの中央または端)

リミットスイッチ

該当なし

スケール長

10mm~130mm

最高速度

最高 20m/s

(詳細はデータシート参照)

周期誤差

20µm タイプ: 平均±75nm 未満

40µm タイプ: 平均±120nm 未満

動的信号制御

オートゲインコントロール、オートオフセットコントロールなどの、さまざまな作動条件で最適性能を達成するためのリアルタイム信号適正化処理

インクリメンタル信号

分解能 10µm~2.5nm

(詳細はデータシート参照)

電気接続

ケーブルタイプ: 0.2m、0.5m、1m、1.5m、2m、3m、D サブコネクタ (9 および 15 ピン)

ケーブル長 0.5m、1m、3m: JST 10 ピンコネクタ

上面接続タイプ: JST 10 ピンコネクタ

電源

5V-5%/+10%、平均<200mA 完全終端

振動 (動作時)

最大 100m/s²@55Hz~2000Hz、3 軸

衝撃 (動作)

1,000m/s²、6ms、½ sine、3 軸

動作時温度

0℃~+70℃

防水防塵性能

IP40

詳細については、データシートを参照してください。