ナビゲーションのスキップ

5 軸計測技術

高速かつ高精度のレニショー 5 軸測定技術は、多くの利点を備え、大幅に検査処理量を向上します。

ヘッドタッチ

REVO ヘッドの接触

位置とサイズを計測する必要がある形状では、REVO 駆動システムの機能を使用するか、三次元測定機の XYZ 軸を組み合わせてポイント測定を行います。REVO/三次元測定機システムの「ヘッドタッチ」機能は、計測するポイント数が最小限でも、測定スピードが重要な場合に効果的です。

円形スキャン

円形スキャンを実施する REVO®

円形スキャンは、毎秒最高 6,000 データポイントを取得しながら円形形状をスキャンするように定義されたルーチンです。REVO は、予想されるパスを定義することにより、2 軸駆動システムを使用して表面をたどり、三次元測定機の 3 軸の移動精度に対する影響を低減します。円形スキャンは、エンジンブロックなど、形状が非常に重要な穴の内部の測定に適しています。

円柱スキャン

REVO の円柱スキャン

円柱スキャンは、円柱や円錐の内側または外側の軸に沿って移動するように設計されています。スキャニング工程中、円柱スキャンは 1 回転につき一定の長さ軸に沿って移動します。これにより、ヘリカルパスに沿って定義された長さにわたり、大量のデータポイントを測定します。

ガスケットスキャン

REVO のガスケットスキャン

ガスケットスキャンは、スキャニング操作中に一定しないパスを沿って測定する場合に適しています。REVO は、設定パスに沿ってターゲットポイントを定義することで、三次元測定機の移動量を最小限に維持しながら、ポイント間のパスを組み合わせて大量のデータポイントを測定します。ガスケットスキャンは、5 軸フルモーションコントロールで動作します。

スイープスキャン:平面

REVO による平面の一掃スキャン

平面上でデータポイントを取得するには、三次元測定機の駆動システムを単一ベクトル方向に一定の速度で移動しながら、REVO 駆動システムで前後へのスイープスキャンを行います。これにより、三次元測定機本体に固有の誤差を低減しながら、表面を高速スキャンできます。

スイープスキャン:曲面

REVO によるカーブ面の一掃スキャン

REVO 駆動システムは、スイープ動作中にスタイラスの圧力を一定に制御することにより、表面形状の変化に対応できます。三次元測定機は、一定方向に移動して、三次元測定機本体に固有の誤差を低減します。これにより、表面をたどりながら大量のデータポイントを取得できます。このスキャンは、特にエアフォイル表面の測定に適しています。

セクションスキャン:平面周辺

REVO のセクションスキャン - ブレード周辺

ブレードの一部やその他の外形を計測するには、測定ソフトウェアのセクションスキャン機能と REVO を使用します。この方法では、CAD モデルで測定セクションを定義し、単一操作で測定を実施します。REVO の無段階の位置決め機能により、三次元測定機が部品の周囲を移動する間、REVO が接触位置を制御します。

動画