ナビゲーションのスキップ

研究用ロボットの倒立安定化を実現する RM08 磁気式エンコーダ

2020年9月

東京電機大学未来科学部ロボット・メカトロニクス学科の石川教授の研究室では、ロボットをはじめとする機械システムへの制御理論の応用を研究している。研究テーマは、人と触れ合うロボットの制御技術 (福祉メカトロニクス、パワーアシスト)、ディープラーニング (機械システムの故障予兆診断、インテリジェントビルの消費電力予測)、生物模倣ロボット、遠隔操作システム、クレーンの揺止めなどの運動制御である。
石川教授は、これらのロボット研究の第一人者であり、将来のロボット開発のために重要な役割を担っている。その詳細については、研究室 Webページ: www.fr.dendai.ac.jp/lab/isilab/ で知ることができる。

ダウンロード

この他にもイメージ、ビデオ、企業沿革、レニショーおよびその製品の情報をご用意しておりますので、メディアハブをご覧ください。