ナビゲーションのスキップ

XR20-W 回転軸割り出し角度測定装置

工作機械にはますます多くの回転軸が使用されるようになっており、その精度が機械全体の精度に極めて重要性です。

XR20-W を使用すると、精度 ±1 arc 秒内で回転軸の割出し角度を測定することができます。

これには完全なワイヤレス操作とモジュラー取り付けシステムを使用しているため、様々な機械に適しています。オプションソフトウェアを使用すると、多くの 5 軸機で必要になる「オフアクシス」操作が可能になります。

XR20-W 回転軸割り出し角度測定装置の概要

「XR20-W の機能 (そのサイズと重量のために簡単で柔軟なセットアップ、ワイヤレス操作、ユーザフレンドリなソフトウェア) により、テストのセットアップ時間を 40%、テストの実行時間を 20% 削減しました。さらに、追加のメリットとして、ワイヤレステクノロジによりテストの安全性が向上し、監視にも問題がなくなりました。その結果、現場の活動を中断する必要がなくなったため、運用と品質手順にも大きな利点になっています。」

Hurco (台湾)

特長とメリット

XR20-W 回転軸割り出し角度測定装置はテスト中の軸から分離された整合性の高い非接触式測定を実現します。

自動キャリブレーション

XR20-W は電動式で、データ取得は軸の回転移動と同期されています。つまりデータ取得中にはオペレータが介在する必要がありません。

高い精度と繰り返し精度

測定精度 ±1 arc 秒。すべてのレニショーシステムは出荷時に校正されており、トレーサブルな証明書をつけてお届けします。

ワイヤレス操作

  • リチウム電池と Bluetooth® コミュニケーションにより、真のワイヤレス操作を実現します。
  • セットアップを短時間で簡単に行えるようにし、ケーブルの引きずりなどの問題を排除して、安全性を向上します。

フレキシブルな取り付けシステム

  • 測定システムを取り付けシステムから分離しました。
  • このモジュラーアプローチにより、短時間で簡単にセットアップできるようになり、様々なロータリーテーブル、旋盤、その他の回転軸に構成することができます。

軽量かつコンパクト

  • 取り扱いや機械上への取り付けを一人でも行うことができます。
  • コスト効果に優れた簡単な輸送方法
  • 機械上のクリアランス問題を低減

オフアクシス機能

  • オフアクシスロータリソフトウェア*により、回転軸の旋回中心(ピボット点)にシステムを直接取り付けにくい機械構成でも、XR20-W を使用できるようになります。
  • 多くの 5 軸機のためのテストソリューションを提供

* 適切なマウンティングブラケットを使用した場合

統合されたターゲットと位置合わせ光学部品

  • XR20-W の測定軸に対して反射鏡が出荷時に位置合わせされているため、位置合わせ作業が最低限で済み、測定誤差が低減されています。
  • シンプルな光学式アライメントエイドが測定誤差を低減します。位置合わせの調整がソフトウェアでも行えるため、オペレーターが素早く安全に作業できます。

拡張自動キャリブレーションとプリテストサイクル

  • 測定前のキャリブレーションサイクルにより、残りの角度位置合わせ誤差が補正されます。
  • テストオーバーランサンプリングにより、軸の方向認識と送り速度の検出と設定が行われます。

データ収集ソフトウェア

  • RotaryXL により、一貫したテストセットアップを短時間で行えるため、信頼性の高いテスト結果を素早く取得できます
  • ロータリーソフトウェアキットには、Rotary XL ソフトウェア、XCal-View データ解析ソフトウェア、システムマニュアルが含まれています。

サーボ制御ドライブ

  • 大きな角度(5°以上)の回転軸の測定速度は10rev/minです。
  • 独自の統合ロータリーエンコーダ技術を使用しています。

キットの内容

  • XR20-W キットの内容 XR20-W
  • 取り付けリング
  • アダプタプレート
  • センタリングエイド
  • チャックアダプタ
  • ロータリーソフトウェアキット
  • バッテリーチャージャー
  • 電池(3 本)
  • USBケーブルとメインアダプタ
  • Peli™ ケース

互換性

  • Bluetooth 対応(内蔵機能、または USB Bluetooth アダプタを使用 - Microsoft スタックのみ)