ナビゲーションのスキップ

ラマン分光とは

興味湧き立つラマン分光の世界へようこそ:ラマン分光は様々な科学的分析手法の中でも、最も使いやすく、最も強力で、最も多目的に利用できる手段です。

ラマン分光は、材料の構造について詳細に調べるために利用されています。単色の光をサンプルに照射し、光とサンプルの作用の仕方から、サンプルに関する情報が得られます。

ラマン効果

ラマン効果は、C・V・ラマン博士によって 1928 年に発見されました。ラマン博士によって 1928 年に発見されました。しかし、この技術を進歩させて効率的なラマンシステムを開発できるようになるまでには、その後長い年月を要しました。これが、赤外線吸収分光法、UV-VIS(可視・紫外分光法)、質量分光法などの確立された手法に比べて、ラマン分光が比較的知られていないことの一因になっています。

『ラマン分光とは』パンフレットのダウンロード

  • パンフレット: ラマン分光とは パンフレット: ラマン分光とは

    レニショーでは、1990 年代初頭からラマン分光測定システムを提供しています。弊社でよく尋ねられる質問の一つに、「ラマン分光とは何か」というものがあります。 このパンフレットでは、この質問に回答すると共に、「ラマンイメージはどのように作成されるのか」、「SERSとは何か」といった関連する質問への回答など、役立つ情報を提供します