ナビゲーションのスキップ

レニショーは、JIMTOF2018 で最新のスマートファクトリーソリューションを提案します

2018 年 8 月

精密工学・製造技術企業であるレニショーは、JIMTOF2018(東京ビッグサイト、11 月 1 日~6 日)多岐にわたる技術と自動化プロセスにおける広範な経験を紹介します。

JIMTOF2018 で、さまざまな業界における機械工場の生産能力向上への貢献がすでに実証されている各種スマートファクトリープロセスコントロールソリューションを展示します。当社の製品ラインナップは産業精密計測アプリケーションの全領域をカバーしており、早さ、使いやすさそして自由度の利点があります。この利点により、既存の運用内容へのスマートファクトリー技術の一体化を促進できます。

当社ブース (E-7139) では、プロセスコントロールを完全統合した高生産性加工セルを展示します。本展示では、CNC 加工プロセスにいかに高いレベルで自動化と接続性を融合し、生産性と加工能力を向上できるかを実演します。なお、デモ用のセルは、高度に自動化した高精度製造を実現するために当社が自社工場に採用したプロセスコントロール技術を反映したものとなっています。

製品ライフサイクルの短期化やラインアップ増加に対応するために、設備を他用途に転用できる柔軟性が大きなメリットになることを認識されています。当社は自動車業界や航空機業界に採用されている最新技術を展示します。例えば、三次元測定機で使用する REVO® のマルチセンサー機能です。1 つのプラットフォームで寸法と表面仕上げの状態についてのデータを短時間で取得できると、計測時間を大幅に短縮できるようになり、また実用的なデータをより短時間で取得できるようになります。

CNC 工作機械上では、SupaScan が最新の OSP60 プローブを使用して世界最速のワークセットアップサイクルを実現します。本システムでは、製品性能にとっての重要品質特性要件である、表面状態(うねり)のモニタリングも可能です。

Equator™ ゲージングシステムには、現在 IPC(Intelligent Process Control:インテリジェントプロセスコントロール)ソフトウェアが付属し、CNC 加工プロセスにおける工具オフセット更新の完全自動化を実現できるようになっています。パーツの精密加工能力の向上、セットアップ/プロセス調整時間の短縮および自動化システムとの融合などのメリットを得ることができます。

新たな IPC ソフトウェアを使用することで、加工工程をコンスタントにモニタリングおよび調整することができるようになるため、パーツの寸法を公称値に近づけてプロセスコントロールの制限領域内に維持できます。つまり、工程内で発生したドリフトを素早く補正できるため、スクラップを低減できるだけでなく、パーツの品質や生産能力を向上できます。Equator ゲージングシステムと CNC プロセスを近くに配置することで、加工時に計測とプロセスを素早く調整できるため、遅れを回避でき、また完成品を使った(下流工程での)寸法計測に依存しなくなります。

上記に加え、当社ブースでは XM-60 マルチアクシスキャリブレータを展示します。XM-60 は 1 回のセットアップで 6 自由度を同時に測定することができ、直線軸の向きは選びません。従来までのレーザー測定技術と比較して大幅な簡素化と時間短縮を実現します。

精密計測が加工現場での加工に近づいている様子と同時に、三次元測定機および Equator ゲージングシステム用のソフトウェア MODUS™、オンマシンプローブ計測に使用するスマホ用アプリ、プローブ計測やデータ確認に使用する CNC コントローラベースのアプリなど、レニショーソフトウェアの最新の進化もご覧いただけます。

レニショーの技術で Industry 4.0 に適合したインテリジェントな意思決定を可能にするデータ取得が可能です。機械のキャリブレーション、オンマシン計測、そしてオフマシンゲージングおよび寸法測定を行うことで、プロセスを最適化でき、品質問題や CNC 工作機械の停止を最小限に抑えることができます。

グローバルな競争力を維持するには、公差に近いパーツの加工ニーズ、製品ライフサイクルの短縮、そして製品ラインナップに対してのますます高まる顧客の需要を満たさなければなりません。このためには、工場の自動化を推進する需要もあり、工場中にさまざまなインテリジェントプロセスコントロールソリューションを張り巡らす必要があります。当社のプロセスコントロールのエキスパートと提携することで、圧倒的に広い経験と製品ソリューションを得ることができ、よりスマートな製造プロセスを実現できます。工場現場で、最適化した品質、効率およびリソースの活用からメリットを得られます。

ダウンロード

この他にもイメージ、ビデオ、企業沿革、レニショーおよびその製品の情報をご用意しておりますので、メディアハブをご覧ください。